活性酸素を完璧に除去しましょう|老化防止に効果抜群

女性

外だけでなく中からも対策

老人

紫外線を避ける

現代では活性酸素が活発化させてしまう原因となる紫外線を何とか避けたいと対策を寝る人は多く存在しています。美容を意識してしみを作らないようにするための人もいれば、癌となってしまった人は活性酸素の活発化に気をつけなければならないため紫外線を浴びないようにする人もいます。その紫外線対策を行なうための手袋や日焼け止めクリーム、そのほかメガネや帽子など紫外線対策グッズは今でも求めて購入する人が多くいます。しかし外から対策するのも大事ですが、中への対策も考えて行なっていかなければ少しでも紫外線を浴びてしまうと抵抗力が弱まってしまいます。中への対策とは紫外線に強くなるための栄養素を取り入れることです。その効果のある栄養素はいろいろとあります。

抗酸化作用効果のある成分

まず、活性酸素を抑制するのでよく知られているのが抗酸化作用効果のある成分としてポリフェノールやオメガ3脂肪酸、リコピンなどが伝えられています。そして皮膚を強くさせるためのビタミンC、ビタミンE、βカロテンなども知られています。紫外線を浴びずに生活するのはある程度できるとしましても完全に防御しているのには限界があります。なので体の中からも活性酸素を抑制させる効果のある成分を取り入れて、健康や美容を維持させていくことも必要なのです。ポリフェノールが含まれているものではアサイーやウーロン茶、そのほか紫芋や紫タマネギなどがあり、ビタミンを取り入れることができたりβカロテンを摂取できるものでは、やはり緑黄色野菜などのような野菜や柑橘系やリンゴなどのようなフルーツが主と考えられます。最近では活性酸素を抑制させられるサプリメントも販売されてきています。